FC2ブログ

Log in  /  Log out

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A dream of an evening - No 76

第七十六話・・単純な僕!?

----------------------------------------------------------

ここ最近・・インターネットでバイクの物色を行っている!

お目当ては「レーサーレプリカ・タイプ」

いわゆる「フルカウル」のバイクでCBR系のレーサタイプ

昨日もPCでグーバイクのサイトで色々見ていたら・・

CBR600RRで良い物件が見つかりました、

夜も遅いので、その後はお布団にもぐりこんで就寝 Zzzzz~

そしてこの後に見る夢が? 先ほど見ていた「CBRが・・」

そのまま出てきて、もう跨っている自分がいて笑っている!

ほんま!? 呆れるほどの単細胞です・・まだまだ子供並み?

----------------------------------------------------------

朝目覚めて、すぐバイクの詳細を

ショップに聞いている・・僕でした!





スポンサーサイト

A dream of an evening - No 66

第六十六話・・行列の出来る・・

----------------------------------------------------------

今は、チョットしたきっかけで「ブレイク」するのが・・食業界ですね!
テレビや雑誌、はたまた隠れた所から口コミで広がるのもあります。

長い長い人の行列に並んでいた僕、その先は見えない位の距離で
その長い距離の間は、すtる事も無く一緒に並んでいるお客さんとの
雑談で話に花が咲いている状態・・相変わらず進みの悪い行列で!

ある時! 突然に進んでいくスピードが変わったかと思ったら?

プラカードを持った男がこの僕達の行列の人達に見せている

「 A sell out ・・」

えー、、何やったん! この行列? どんな食べもんやったん~

短絡している、この僕とは対照的に笑い声や笑みを浮かべている人達?

幸か不幸か、結局は答えが判らぬままの起床~
慌てて続きを見たいがために無理して寝たんだが
先ほどとは、まったく違う夢を見た・・むう、ミステリー?



A dream of an evening - No 64

第六十四話・・・富士山

-----------------------------------------------------------------

突然のシュチュウェーション・・トレッキング姿の僕?

山登りの格好で山道を登っています、周りにもイッパイ

本格的な人や、御年配の人々も行き交う人とも挨拶なんかを交わし

空は青空言う事なし、良いリズムで山頂を向っていく僕です。

そして僕の視線の先には「日本一の山・マウント富士」

そう! 富士登山のチャレンジをしていたんですね?

その後もマイペースのその時・・・

地鳴りがしたかと思うと・・その時に大きな爆音と共に


「ドッカ-ン!!」


「ボォーン?!」



目の前の富士山のてっぺんから大きな煙と共に

噴火が始まったのです!

歩く事もままならぬ地面を這いつくばって

悲鳴をあげる人々達・・

これは現実なのか? 夢なのか?

************

これは夢です・・ジャンジャン!


A dream of an evening - No 63

第六十三話・・・会社の先輩

-----------------------------------------------------------------

会社の仕事場、現実に二週間前から新しい作業に変わっています。
その作業を行っている所に三年ほど前に定年退職さてた先輩が?
少し離れた所で腕組みをして、僕の方を「じーーーぃ」っと見てる!
別に声をかける事も無く「じーーーぃ」っと、黙って・・見ている。

そして間違った作業をした時には耳が痛くなる程の怒鳴り声が!

「こらぁ~・・ちゃんとやらんかぁ~・・ぼけ!」

一瞬・・ドキッとしますが、それからも黙って「じーーー」???

これは今覚えたての作業に対して気を付けろと言う知らせなんかなぁ

怪我をしない為の警告なんけも知れません!

今日も怪我をしない様に馴れかけた作業に

フンドシの紐をくくり直します!



A dream of an evening - No 62

第六十二話・・・ATM・・

-----------------------------------------------------------------

遠くから離れても見える、長い列・・

***************

とある、ショッピングセンターのATMコーナーで沢山の人が並んでいる

気軽にお金をおろせるので、手間がかからないはずなのに?

なんでそんなに・・・人が?? それも3箇所設置の機械とも全部!

僕もお金を出したい(おろしたい)んだけ、どこれだけ人じゃねぇ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしても気になる、行列の差先端?

チョット見に行ったら機械の操作の説明が書いていて

その手順通り行えば・・お金の支払い口か、ら出るわ出るわ

お金が湧いてくる位の勢いで、これも10円や5円・・硬貨が

時々光って見えるのは50円? 100円硬貨?

みんな、これを貰いたくて並んでいたんです。

現実じゃあり得ない、お金の泉?


そう・・これは僕の今日の夢・・


僕の心のどこかに、

お金?を欲しがっているのかな?



A dream of an evening - No 61

第六十一話・・・焚き火

-----------------------------------------------------------------

キャンプの定番、醍醐味とも言える「焚き火・・」黙っていても楽しい~

***************

今回・・この焚き火の夢を見たんだが楽しんでいる場所が問題だ!

目の前の炎をみて皆で楽しんでいる暖かいのは勿論の事・・
これが楽しくてバイクで走り回ったりキャンプをしているが
今日の場所がなんと住宅街の「ど真ん中」でやっているんです!
僕の座っている後ろを車が走ったり近所の人達が行ったり来たり

なんか落ち着かないなぁ~・・せっかくの焚き火が台無しになっちゃう

それにしても、この人達は僕達の存在を認識しているんだろうか?
まったくこっちを見る事も気が付いている事も察していない様子で

現代の、せわしない時間の流れに乗っている人種とマッタリ感覚の僕!
周りの人とは、時空(じくう)の流れがかみ合っていないんだと感じた


そんな考えさせられる・・今日の夢でした!





A dream of an evening - No 59

第五十九話・・・煙たい

-----------------------------------------------------------------

今日は、皆で「バーべキュー」沢山の友人達と楽しみます!
所は某キャンプ場で各自で手伝いをしながら炭を起こして
こちらでは食材の準備で炭の火が落ち着いた頃に集合~

朝から雲一つないいい天気で過ごしていて今まで良かったのに?
突然・・空の具合が怪しくなってきて「大丈夫かなぁ~」・・・

その時、空の怒号が発生! ゴロゴロ、、、ガッシャーン!?
おぉーなんやぁー? 雷が鳴ってきたっと思っていたら!

今までの青空が、突然グレー色の空に早変わり・・

全員で慌てて目の前にあるバーベキューなどを撤収~

避難場所はキャンプ場の隅にある物置小屋しかありません。
横なぶりの雨とても軒下では防げないので全員で避難し
入った中を見たら「あじゃ?」入口以外は窓も無い?!

この狭い中で始まったばかりの「バーべキュー」酸欠だけ注意して
改めて食事をするも、やたら煙だらけのバーべキューむさ苦しい~

そこで夢から目が覚めた時・・

ご近所の魚を焼く匂いを感じ!

妙に・・煙たい目覚めでした!?



A dream of an evening - No 58

第五十八話・・・沈んでいく

-----------------------------------------------------------------

海にポッカリと浮かんで僕達や皆を乗せていく大型客船(フェリー)

時間も気にせず海を見ながら「優雅・・」な旅をしている、この僕です!

朝から夕方まで船内で寛いでいたら・・大きなサイレンの音が船内に?

「緊急指令発令~」・・敵機が奇襲攻撃をしてきました全員船内に入って!

そこからは外の状況は判らないまま・・銃撃戦の音が聞こえていても

どないなってんのかは判りません? そうしているうちに船体が揺れて・・

真っ直ぐだった床も段々と傾いてきて立っているのも困難な状況になり

・・とうとう、立っている事が出来なくなって床に這いつくばって皆の悲鳴も!

もう駄目です! この船は沈んでいくのですっと思っていたら外からの声が

「ハーィ! カーット」

「OKで~す。」

「お疲れさ~ん!」


外に出てみてビックリ! 

そこにはメガホンを持った監督と・・

大型カメラを持ったカメラマン?

映画の撮影現場の中で大きな水槽の上の客船!

映画の撮影?

どうりで、沈みそうで・・沈まない感じが?

でも夢で良かった!

A dream of an evening - No 57

第五十七話・・・ツーリング

-----------------------------------------------------------------

大きなバイク(CB1000-SF)に跨って走っています・・

今の季節と違って、気持ち良い爽やかな風をうけて走っています!

そして進行方向には大きく曲がった左カーブが・・体をあずけるように行くと?

そこは路地裏に続いていく・チョット細めの道になって車じゃ到底無理だが・・

バイクならなんとか行けそうな位で、安全を考えて降りてバイクを押して行き?

向こう側に出と・・そこは大きな砂漠が一面に広がっていました・・っとその時!


押してきたのは、大きいバイクのはずなのに・・

何とバイクが・・「オフロード車」に変わっていた

その雄姿は、ホンダの「XLR250-R」です・・


おぉーーー夢にまで出てきてしもた~


この間物色していたのが?? ここにまで!

これは神のお告げなのか? それとも正夢なのか!

エンジンを掛けて、アクセル全開・・砂煙を捲きあげてアクセルターン

前輪を上げていく姿は、まるで暴れ馬を操るカーボゥーイ!


もう一度ショップに行ってみようかなぁ~!?








A dream of an evening - No 53

第五十三話・・・我慢をしてたら、

-----------------------------------------------------------------

ここ最近は、冷えますね~!

寝るちょっと前に、コーヒーを飲んだのがいけなかったのか?

-----------------------------------------------------------------

夢の中で、我慢をして走っていく僕がいます・・両手を股間の所にあてて

一直線に走っていく先の方にあるのは?  そう~おトイレ・・

うつろうつろの状態での、夢の中か!現実か?判断しにくい状況で

ふと目が覚めて・・おっ! ヤバイ? 慌てて起きてオシッコに・・

いまどき、おっさんが


「なーにぃ~・・」


「やっちまったなぁ~!」
 じゃ~


笑うに笑えない、

寝る前は、水分の取りずぎに

気を付けましょ~!? 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。